皆さんこんにちは。

お盆が終わってからも松本地方は残暑が続いております。

そんな暑い中、秋の行楽シーズンにお出かけしてもらいたいスポットに 行ってまいりました。

今回ご紹介する場所は、安曇野市にある「廃線敷」です。 「はいせんじき」と読みます。 廃線となった旧国鉄篠ノ井線の一部を歩けるコースです。 みやま荘からですと、車で40分くらいです。 駐車場があるので、車で行けます。








「夏の田舎」という風景ですねー。














しばらく歩くと、トンネルが見えてきます。















トンネルは、人が近付くと電気がつきます。
















一人で行ったのですが、 昼間でも怖いですね。。 でもヒンヤリした空気で気持ち良かったデス。

















出口から緑が眩しい! 日常から他の世界に来たみたいな感覚でした。













足元は、昔線路だけあって、線路に使われたジャリ道が続きます。 行かれる方は、トレッキングシューズの方が歩きやすいかもしれません。













この日は、10時ころに行ったのですが、30分も歩くと汗が流れてきました。 日頃の運動不足が露呈しました。。


そこで、休憩することに。
















おやつに持ってきたのは、今みやま荘の女子大学生アルバイトに大人気の 「ラムネ豆」 マメがラムネでコーティングされているみたいです。

こんぺいとうといっしょに食べると がりがりとしゅわしゅわで食べるのが止まらない! せっかく運動してカロリー消費したのに また逆戻り!?

ちなみに、ラムネ豆はみやま荘の売店で販売しております。夏季限定! みやま荘にいらっしゃった方はぜひ味わってみてください。














さて、おやつも食べ終えて歩き始めて1時間。。 「けやきの森自然公園」というところまで歩きました。

・・・本当は、もっと先に行くと、もう1つトンネルがあるのですが 力尽きました。。 これより先の風景は、ぜひみやま荘にお泊りになってご確認ください!







































 


コメントは受け付けていません。