松本市の中心を流れる女鳥羽川(めとばがわ)に、幻想的なイルミネーションが出現しました。

北アルプスをイメージした青・白4000個の発光ダイオード(LED)が、カップルや家族連れなど、道行く人の目を楽しませています。

世の中、超不況で暗いニュースも多い中、ホッと出来るスポットです。

         Irumi2_3            Irumi3_4

このイルミネーションは、来年の1月11日まで見られるそうです。

コメントは受け付けていません。