例年恒例の御射(みさ)神社春宮例大祭が10月3日(水)行われます。古代から伝わり、以来今日まで長年にわたり多くの参拝者が訪れ、「無事平安」「家運長久」「災害厄病排除」「商売繁盛」などを祈念し、炎と煙、豪快に鳴り響く火炎太鼓で盛り上がる湯の町の祭りは日本三大奇祭の一つにも数えられています。 当日は宵祭は午後5時から神事、7時に松明に点火され、温泉街を1時間から2時間かかって、人の5、6倍もある太い燃え盛る松明を引手によって練り歩きます。燃え盛る松明から降りかかる残り火(すす)のよって、引手は着ているものから、顔や手までが真っ黒になります。8時30分に奉納花火が打ち上げられます。

コメントは受け付けていません。