日本3大奇祭のひとつ、五穀豊穣と人々の安泰を願って行われる火祭りです。
男たちが麦わらで作った大小あわせて百余りもの松明を掲げ、豪壮な火焔太鼓の響きとともに
温泉街を練り歩きます。大きいものは3mもあります。最後には、松明も御射神社に奉納され
ます。赤々と燃えさかる炎と立ち上がる煙。かつぎ手のススだらけの手で顔をなでられると、
一年間病気をしないと言われます。

◆10月3日 日曜日
  19:00  松明着火 浅間温泉入口ゲート前出発
         温泉街お練り (豪快な松明行列は見もの) 
  20:30頃 御射神社到着
□炎と煙が立ちこめ、火傷や服の焼け焦げに注意が必要です。 のどの弱いかたは、
  マスクかタオルをお忘れなく。

コメントは受け付けていません。