旧開智学校 国宝に

 

 国宝松本城の北500mに国重要文化財「旧開智学校」があります。

 その「旧開智学校」が、国の文化審議で5月17日国宝に指定するよう文部科学大臣に答申がありました。

 これから官報告示をへて正式に国宝指定されるとのことです。

 近代学校建築では全国初の指定で、松本市では松本城天守に次いで2件目の国宝となります。

 両方ともみやま荘からは車で10分のところにあります。

 

開智学校は、藩校崇教館から明治維新による松本藩学、廃藩置県による筑摩県学と続いてきた県下第一の小学校で、

学制による第二大学区筑摩県管下第一中学区の第一番小学開智学校として1873年5月6日に創立された。

「開智」の校名は、学制発布の前日に公布された太政官布告の被仰出書の文中にある

「其身を修め智を開き才芸を長ずるは、学にあらざれば能わず」に由来すると考えられている。

県の学校では唯一、英学(洋学)が設置された。

 

旧開智学校の紹介ホームページ

http://www.visitmatsumoto.com/spot/kaichischool/

 

 

コメントは受け付けていません。