ただいま、みやま荘ロビーにて無形文化財人形師 原米洲作の雛人形七段飾りが展示されています。

原米洲が手掛けた人形は赤ちゃんのようなふっくらとした顔に仕上げるのが特徴で、貝殻を粉にした胡粉を塗り重ねた白くて滑らかな質感の肌に筆で引いた細い線30本で目を表現するなど高度な技が光ります。

4月3日までの限定展示となります。お見逃しなく。


原米洲 雛人形を作る唯一の無形文化財人形師。 雛人形のほか、御所人形、三つ折り人形、江戸武者人形などでんとうてきな 人形作りを得意とする。 www.beishu.com

コメントは受け付けていません。