身体の自然治癒力を高めて疲れを癒し、元気にしてくれる温泉。これには、正しい入り方があります。のぼせたり、血圧上昇で心臓発作を防ぎ、温泉の効能を存分に利用しましょう。

(長野県長寿社会開発センター 機関紙「りらく」 引用 )

A:一般的に温泉の効能は大きく分けて3つ。

①浮力。湯の中で足腰が日常の負担から解放されリラックスできます。
②水圧。湯の中では水圧で身体が少し引き締められ、マッサージ効果となって血行を良くし疲れやむくみをとります。
③温熱作用。湯の温かさは血行を良くして新陳代謝を促進、さらに湯の中の薬効成分も働いて、身体に良いのです。

必ずかけ湯をして半身浴から
・湯船に入る前に身体の汗や汚れを落としてから湯船に入るのがマナーです。
また、お湯の温度や成分に身体を慣らせてから入ることも大切です。
入浴直後の血圧上昇を防ぐために足元から、膝、腰、手首、肩、胸へと心臓から遠い順に10杯程度かけてから入ります。
・最初は半身浴でお湯に慣らし、その後身体を浮かせるようにリラックスして入浴
、汗ばんできたら足だけ湯に入れて休み、落ち着いたらまた2,3回繰り返すのが理想
・湯の中でマッサージやストレッチするのもおすすめ。汗がダラダラ流れるまで入ると熱疲労してしまいます。

・温泉に入る時は自分の体の状態を知っておくことが大切です。
お酒を飲んだ後と激しいスポーツの後は、血行が良くなりすぎて血圧や心拍数があがりますので避けまし
ょう。また、空腹で入ると貧血を起す可能性もあります。
・心臓に負担をかけない入り方としてはぬるいお湯から入り、徐々に熱いお湯にすること。
・のぼせ防止には水でぬらしたタオルを頭にのせるのがおすすめです。
・露天風呂は内湯より外気温が低いので内湯で身体を温めてから入ると良いでしょう。

保温効果などの薬効成分をなじませるためにも、シャワーなどで上がり湯はしないで、但し、肌が弱い人は別です。
入浴後は発汗で体内の水分が少なくなっているので、水やスポーツドリンクで水分補給をしましょう。